海の見える京都から

京都府北部地域を中心に、ときどき兵庫県のことを書きます

「いこい食堂」で、ランチ 「親子丼」を頂く

兵庫県養父市に位置する「いこい食堂」さんは、まさに「大衆食堂」そのものだ。

お店の外観の写真は取り忘れてしまった。
店内に入って、まっすぐ直進すると、左手に「寿司カウンター」、右手に「宴会用の座敷」がある。

寿司カウンターは我が家には縁のない世界なので、入店すると左に進む。
テーブル席や、ちょっとした座席がある。

メニューは多岐にわたり、迷って選べないくらいなのだが、私は迷わず「親子丼」を頼む。
f:id:fu-ka-blue:20200321212357j:plain

今回、メニューも取り忘れてしまった。
ちなみに、子どもも「親子丼」を頼む。1人前をぺろりと食べた。

子ども連れにとって、「いこい食堂」さんの良いところは、何と言ってもケースに一品料理が取りそろえられていることだ。

「刺し身」はもちろん、「魚の煮付け」、「焼き魚」、「唐揚げとかき揚げのセット」、「鶏レバーの煮物」、「イカの煮物」、「タコの煮物」、「卵焼き」、「茶碗蒸し」、「ほうれん草のお浸し」、「ポテトサラダ」、「冷奴」、「納豆」、「大根おろし」・・・
f:id:fu-ka-blue:20200321212435j:plain
f:id:fu-ka-blue:20200321212502j:plain

それから、おでんもある。関東風と明示されている。

日によって、多少異なるが、ケースにはたくさんのお料理が並ぶ。
好きなお料理を好きなだけ自分で取ってきて頂く。温めてもらうこともできる。
故に、お料理ができるまで待っていられない小さな子どもがいる場合は、すぐに食べられてとても助かる。

もちろん、定食や、丼物、うどん・そばなども充実している。
1000円以上の注文で、コーヒーが1杯無料になる。

お会計は、セルフで取ってきたお皿が沢山あるので、テーブルで行われる。店員さんが、お皿を見て金額を確認し、その場で支払いとなる。

「いこい食堂」さん。
とにかく、子どもが大好きで行きたがる。
お値段もお手頃(お刺身やお寿司などお高めのものもある)。
そして、おいしい。
ついつい、行ってしまうお店だ。