海の見える京都から

京都府北部地域を中心に、ときどき兵庫県のことを書きます

籠神社に初詣に行き、笠松公園で天橋立の股のぞきをした

☆☆☆明けましておめでとうございます☆☆☆

 

我が家は毎年、「籠神社」京都府宮津市)に初詣に出かける。

1月1日に行くのだが、今ではお決まりのコースが確立されつつある。

f:id:fu-ka-blue:20200102214408j:plain

 

 

■まずは、どんなに遅くても、9時半の到着を目指す

籠神社に初めて初詣に行った際、ひどい渋滞に巻き込まれた。もちろん、籠神社の参拝客渋滞だ。時間帯は14時半頃だったかと思う。

 

渋滞に巻き込まれてから、籠神社にたどり着くのにざっと3時間ほどかかり、辺りはもう暗くなりはじめていた。

 

途中、何度か断念しようと思ったが、「ここまで来て」と、どうにか初詣を決行した。

 

この苦い経験から、我が家は例年、9時半より早く着くように家を出る。この時間が渋滞を免れるギリギリのラインだと思われるからだ。

 

■参拝

お参りをして、お神酒を頂く。

9時半頃なら、長蛇の列に並ぶような事態にはならない。

f:id:fu-ka-blue:20200102220533j:plain


 

■ケーブルカーに乗って「笠松公園」へ

お参りがすむと、そのままケーブルカーに乗って「笠松公園」に向かう。

ケーブルカーは15分おきに運行していて、大人は往復680円。小児は往復340円だ。

f:id:fu-ka-blue:20200102220807j:plain


 

興奮気味の子どもとケーブルカーに乗り込む。こちらも10時頃ならまだ混んではいない。

f:id:fu-ka-blue:20200102220833j:plain

 

笠松公園」には数分で到着する。

 

 

■「笠松公園」で、「股のぞき」とか、「甘酒」とか、「かさぼう」とか

笠松公園」に着くと、まずは海に延びる天橋立の絶景を眺める。天橋立が天にかかる浮き橋に見えるという「股のぞき」もする。

f:id:fu-ka-blue:20200102221055j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102221315j:plain

 

そして、私にはお決まりの「甘酒」(200円)を売店で購入して頂く。寒い季節は本当に温まる。お味も優しくて大好きだ。

子どもたちは「肉じゃがコロッケ」(150円)  を食べる。私も頂く。

f:id:fu-ka-blue:20200102221356j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102221451j:plain

 

小腹が満足した頃に、「かさぼう」が出現。子どもは姿を目にするや否や、猛スピードで駆け寄って行き、ひたすらじゃれつく。

f:id:fu-ka-blue:20200102221534j:plain

 

 

■パークピアノ

今年、「笠松公園」には、ピアノが設置されていた。子どもが嬉しそうに触りに行く。 

f:id:fu-ka-blue:20200102221631j:plain

 

 

■11時をメドに、再度ケーブルカーで降りて、ランチ

混みだす前にランチをということで、11時をメドに「笠松公園」を後にする。

ランチのお店は「松井物産本店」に行くことが多い。しかも、毎回「親子丼」(700円)を注文。

f:id:fu-ka-blue:20200102221833j:plain

 

f:id:fu-ka-blue:20200102222114j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102222216j:plain

 

f:id:fu-ka-blue:20200102221918j:plain


 

■お店を散策し、黒ちくわを買う

ランチが終わると、周辺のお土産屋さんをウロウロする。

f:id:fu-ka-blue:20200102222814j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102222824j:plain

 

f:id:fu-ka-blue:20200102222849j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102222908j:plain


今年も、黒ちくわ(350円)を買った。いつもなら、棒ごと渡されるのだが、ゴミ対策なのか今年は棒をはずして渡された。

f:id:fu-ka-blue:20200102223122j:plain

 

すぐに食べたかったが、結局、帰宅してから頂くことに。お味は、何とも説明しにくい。普通のちくわとはまた違う味と食感だ。色も名前の通り黒い。 

f:id:fu-ka-blue:20200102223210j:plain

 

その他、帰りがけに籠神社にて「福豆」を購入。 

f:id:fu-ka-blue:20200102223301j:plainf:id:fu-ka-blue:20200102224153j:plain

 

 

■無事に初詣を終え、岐路に着く

籠神社の参拝客の長蛇の列を横切り、駐車場に戻る。そして、なかなかの渋滞を横目に帰路に着く。

 

1月1日の恒例行事。今年も、無事に終了。

2020年がよい年でありますように。

 

 

 

 

2016年 S−GT GT500クラス チャンピオンマシン 「LEXUS」を見てきた

2016年 S−GT GT500クラス チャンピオンマシン 「LEXUS」を見てきた。

 

車のことは全くわからないが、GT500のチャンピオンマシンが見られるとのことで、子どもを連れて行ってきた。

スタッフさんから、触ってはいけないと言われたので、子どもに厳重に厳重に厳重に注意をし、ヒヤヒヤしながら、見させてもらった。

操縦席・・・、いったいどうなっているのか・・・?

 

以下、ひたすら写真。

f:id:fu-ka-blue:20191123230126j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123230237j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123230440j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123231827j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123230540j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123230621j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123231733j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123231855j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123231908j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123232036j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123232059j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123232117j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191123232131j:plain

 

 

 

「城ヶ越清水公園」の「原水」を頂く

京丹後市大宮町森本明田にある

「城ヶ越清水公園 は、

公園と言うにはあまりに小さい公園だ。

f:id:fu-ka-blue:20191102222635j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191102222735j:plain

 

 

「山水」が汲めるようになっており、前々から気になっていた。

f:id:fu-ka-blue:20191102222911j:plain

 

しかし、この場所を通りかかるとき、いつも「しまった!」と思う。水を汲むための容器が手元にないのだ。

何度もこの「しまった!」を繰り返すこと数年。ようやく先日準備を整え(と言ってもピッチャーを用意するだけだが)、通りかかった折に車を停めた。そして、そそくさと水を汲む。

f:id:fu-ka-blue:20191102222853j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191102223025j:plain

 

ちなみに、

「この水は、めっ菌を行っていない原水です。生水としての飲用は、ご遠慮ください。」

と書かれている。

f:id:fu-ka-blue:20191102223039j:plain

 

 

自宅に持ち帰り、鍋に移して火にかける。どの程度の時間沸騰させれば滅菌できるのかは不明だが、適当なところで火を止めた。

 

冷めるのを待って飲んでみる。

キリッとした感じはまるでなく、とろんとしている。

そして、苔の味と匂いがするような・・・気がした。そう、苔なんて食べたことがないからわからないのだが。

f:id:fu-ka-blue:20191102223217j:plain

 

本来、「原水」なんて、贅沢な「水」であるはずなのだが、やっぱり衛生面がなんだか気にかかる。

「安全」であることの確認は難しい・・・。

f:id:fu-ka-blue:20191102222149j:plain

 

「ごはんや(Gohanya)」で、ヘルシーランチ

兵庫県養父市の「長寿の郷」内にある、

「ごはんや(Gohanya)」さんは、

小鉢が沢山のヘルシーな定食が素敵だ。

f:id:fu-ka-blue:20191026211037j:plain

 

どの定食でも、メインのお料理に、小鉢が3つに、サラダが1皿。そして、ワカメのお味噌汁がつく。合わせて頼むとホットコーヒーは150円のお手頃価格だ。

 

 

私が頼んだのは「タルタル南蛮定食」。お値段820円。

f:id:fu-ka-blue:20191026210520j:plain

 

手作り感満載のタルタルソースで頂くチキン南蛮は最高だ。小鉢もおいしい。色んなお料理を楽しめて、いつも大満足だ。

f:id:fu-ka-blue:20191026211359j:plain

 

 

こちらは、「竜田揚げ定食」お値段820円。

f:id:fu-ka-blue:20191026211431j:plain

 

 

「ハンバーグ定食」。お値段820円。

f:id:fu-ka-blue:20191026211527j:plain

 

その他、魚介類を自分で焼いて食べる「ランチ・トロ箱弁当」(1,620円)も楽しい。が、人と会話しながらだと、要領の悪い私は、すぐに魚を焦がしてしまうのが難点だ。「トロ箱弁当」を頂く場合は、「集中」することが大事だと思う。

f:id:fu-ka-blue:20191026211723j:plain

 

 

なお、「ごはんや」さんを訪れたのは増税前だ。現在は、お値段が変更となっている可能性がある。

 

 

■営業時間

8:00開店

14:00~17:00は喫茶のみ

f:id:fu-ka-blue:20191026211801j:plain

 

 

■アクセス

住所:〒667−0044 兵庫県養父市八鹿町国木594−10

TEL:079−662−8186

f:id:fu-ka-blue:20191026211956j:plain

 

「第21回 Tango Good Goods 見本市」に行ってきた(2019年10月20日)

「Tango Good Goods 見本市」は、毎年この時期に、京都府宮津市の「市民体育館」にて、2日間にわたって開催される。

丹後の優良品として認定された「Tango Good Goods」を一堂に集めての見本市展示即売会が行われるのだ。

f:id:fu-ka-blue:20191021195710j:plainf:id:fu-ka-blue:20191021200037j:plain

 

何か「ええもん」はあるかな~と思いつつ、今年も行ってみた。ただ、スケジュール的に、30分ほどしか滞在することができず、とても残念だった。

f:id:fu-ka-blue:20191021195737j:plain

 

■「丹後路たにうちファー厶」さんの「丹後ばらずし」450円

「丹後ばらずし」は郷土料理として有名で、この辺りのスーパーには必ずと言っていいほど置いてある。

f:id:fu-ka-blue:20191021195910j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021195931j:plain

 

「丹後ばらずし」好きの夫が、当然のように買う。

そして帰宅後、一口食べて、絶賛する。

「酢飯が違う!」

「甘さが絶妙!」

 

確かにおいしいが、私には「ああ、ばらずしだな」と思う程度だ。

私は「ちらし寿司」と何がどう違うのか未だによくわからないレベルの人間なのだ。

いやはや、お恥ずかしい。

 

■「御菓子司 あん」さんの和菓子

「そばの花」60円

「栗蒸し羊羹」120円

よもぎ粒あん大福」90円(通常は120円のはず)

 

私のこの日一番のお目当ては、「あん」さんの「そばの花」だ。

f:id:fu-ka-blue:20191021200229j:plain

 

初めて「あん」さんを知ったのは、この「Tango Good Goods 見本市」だった。 以来、私は「そばの花」の虜だ。

そんなに好きなら、お店まで買いに行けばいいのだが、これが横着者で行かないのだ。なので、この「Tango Good Goods 見本市」で、行けば必ず買う感じだ。

 

きな粉に、もちもち。たまらない!

水まんじゅうのような、わらびもちのような食感で、中には小さく砕かれたクルミが入っている。

もちもちは、ただもちもちなだけではなく、クルミでこりこりもしているのだ。

いったい、どうしたらこんなにおいしいものが作れるのだろう。

夫には1個たりともあげない。

 

夫は夫で、自分の好きな「よもぎ粒あん大福」と「栗蒸し羊羹」を食べていればいいのだ。

f:id:fu-ka-blue:20191021200324j:plain

 

■その他

なんと言っても、「稲垣養蜂」さんの「蜂蜜」が魅力的だ。

1kgが4,500円。国産蜂蜜なのにこんなにお安いなんて!「稲垣養蜂」さんより安い国産蜂蜜を私は知らない。

こちらは、近々お店まで買いに行く予定だ。前回購入した分がそろそろなくなってしまうのだ。この日、買えればよかったが、子どもが一緒の時は、ガラス製のものは極力持ち歩きたくない。

「稲垣養蜂」さんの「蜂蜜」。来月辺り、花梨の蜂蜜漬けを作る予定。今年も頑張るぞ~!

 

■会場の写真

f:id:fu-ka-blue:20191021200712j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021200902j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021200917j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021200930j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021200945j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021201001j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191021201021j:plain



「グルメ合戦2019~ぐぐっと!旨いもん集めました~」に行ってきた(2019年10月6日開催)

京都府宮津市で開催された「グルメ合戦」。今年で5回目の実施となるようだ。

f:id:fu-ka-blue:20191014145203j:plain

 

確か一昨年は雨で中止になった。我が家は4回目の参加になるように思う。

以前は「道の駅 海の京都宮津の立体駐車場の裏側で開催されていた。が、去年からだろうか「道の駅」のお店の裏側の芝生の広場で開催されるようになった。

地元のお店が出店して、人気を競うイベントで、今年は26店が出店していた。

f:id:fu-ka-blue:20191014145247j:plain

 

諸事情により、我が家は「リフレかやの里」でランチをすませてからの参加となった。

 

fu-ka-blue.hatenablog.com

 

食べ放題のお店なので、当然お腹いっぱい食べる。この日は、更に、子どもの食べ残しの処理まですることになり、なんだか既に気持ち悪いような状態となっていた。 もう、何も食べられない(むしろ何も食べたくない)と思ったが、夫が「夕食用にホルモンうどんを買いたい」と言う。やむなく行くことになった。

 

 

■「焼肉八島丹山」さんの「ホルモンうどん」

さて、この「ホルモンうどん」。我が家は毎年必ず買っている。

なので、もう4度目だ。お値段は500円。

f:id:fu-ka-blue:20191014145944j:plain

 

いつもながら、匂いがすごい。「これこれこの匂いよね~」と思う。夕食用なので、その場では食べず、車に持ち込む。車内に充満するほどの強い匂いだ。

どんな匂いかというのは、もうどう説明すればいいのかわからない。肉と脂とソースと・・・からまりあった何とも言えない匂いだ。

ソースは、オレンジ色をしている。味も一般的な焼きうどんのソースとは全く異なる。甘めで、お肉の味がしっかりするのだ。 うどんに肉の脂とこのソースがしっかりとからまり、こってりとした仕上がりになっている。

そこに、玉ねぎとキャベツに、ぷにぷにのホルモン・・・。

f:id:fu-ka-blue:20191014144731j:plain

 

夜、少しだけにしておこうと思ったが、時間がかなり経っているにもかかわらず、とてもおいしくて、結局普通に食べてしまった。

 

 

■「AGEBUNBUN」さんの「宮津黒ちくわ潮風揚げパン」

「AGEBUNBUN」さんは、お店が綾部市にあった頃に1度行ったことがある。プレーンな揚げパンを頂いた。

分久しぶりの「AGEBUNBUN」。食べたくなって購入。お値段500円。

f:id:fu-ka-blue:20191014151953j:plain

 

表面に何かわからないが緑の粒(抹茶?)とグラニュー糖がまぶしてある。 中には、縦半分に切られたちくわが入っていて、ちくわのくぼみにはツナがつめられている。そして更にその周りには海苔が巻かれているのだ。

f:id:fu-ka-blue:20191014150704j:plain

f:id:fu-ka-blue:20191014150724j:plain

 

おいしい。もちろん、おいしい。間違いなく、おいしい。おいしいよ。

でも、シンプルなプレーン揚げパンの方が好きだ・・・と私は思う。

 

 

■その他

有名所としては、舞鶴の無水カレー」がある。気になりつつも、まだ食べたことは1度もない。来年あたり、そろそろ・・・と思う。

f:id:fu-ka-blue:20191014150814j:plain

 

地元の高校である京都府立海洋高等学校」「福知山淑徳高等学校」も出店していた。

f:id:fu-ka-blue:20191014150910j:plain

「海洋高校」は毎年違う品で、毎年出店しているように思う。「地元の魚のサクサクフライ」は投票で3位という検討ぶりだった。 「淑徳高校」は初めて見たように思うが、定かではない。 「高校」が学校から出て、こうした活動に参加するのはとてもよいことだと思う。

 

ところで、今年は、「へしこチャーハン」がなかった。残念だ。来年はどんなお店が出店するのだろう。あれば、きっとまた「ホルモンうどん」を買ってしまうに違いない。1年後が今から楽しみだ。

  

「海鮮せんべい但馬」の「いかの姿焼」を頂く

先日、兵庫県朝来市の国道312号線を走行していたときのことだ。「海鮮せんべい但馬」のお店の前を通過した途端、子どもが、

「海鮮せんべいに行きたい!」

と、言った。

「もう通り過ぎたし・・・」

と、そのまま行こうとしたが、納得せず、ごね始めた。仕方がないので、「少しの時間だけだよ」と注意をして、お店へと引き返した。

f:id:fu-ka-blue:20190929215036j:plain

 

 

■種類が豊富すぎる「せんべい」は試食し放題

「海鮮せんべい但馬」の店内には、実にたくさんの種類のせんべいが売られている。

 定番の袋タイプなら、全て520円だ。ただし、10月より530円に値上げとなる。

せんべいは、全種類において、試食し放題。

ホットコーヒーも無料で、飲み放題だ。

子どもは、恥ずかしくなるような勢いで次々とせんべいを試食していく。

f:id:fu-ka-blue:20190929215136j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190929215154j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190929215244j:plain

 

f:id:fu-ka-blue:20190929215342j:plain



 

店内の掲示によると、人気は、

1位 海鮮いかフライ

f:id:fu-ka-blue:20190929215211j:plain

 

2位 但馬ミックス

f:id:fu-ka-blue:20190929215318j:plain

 

3位 いかの姿焼

 

4位 黒糖ピーナツあられ

f:id:fu-ka-blue:20190929215514j:plain

 

5位 かに

となっている。

 

子どもに、どれか1つ好きなものを選ぶように言うと、「黒糖ピーナツあられ」を選んだ。甘いし、順当な選択だ。わかりやすいな~と思う。

 

ちなみに私が好きなのは、「黒豆きなこあられ」だ。きな粉の風味がおいしくて、食べだすと止まらなくなってしまう。

f:id:fu-ka-blue:20190929220452j:plain

 

 

店内では、ソフトクリームも売られていて、お値段160円。おすすめのおせんべいが1枚添えられている。

f:id:fu-ka-blue:20190929220121j:plain

 

ちなみに、店内から、工場の設備を見ることもできる。

 

■マストバイな「いかの姿焼」

せんべい以外にも、寄ったからには絶対に買わなければならないものがある。それは、「いかの姿焼」だ。これを買わないという選択肢は存在しない。

 

「いかの姿焼」は、店内の奥の一角で、販売されている。そのお値段、520円。

これがもう絶品なのだ。

f:id:fu-ka-blue:20190929220205j:plain

 

1杯がそのままぺしゃんこになってトレーに入れられて売られている。

f:id:fu-ka-blue:20190929220231j:plain

 

でん粉の薄い衣がなんともいい味をだしている。いか自体も塩味の中に甘みがあって、本当になんとも言えないのだ。

マヨネーズをつけて頂く。もう、たまらん!!お酒なくしては食べられない!!!

f:id:fu-ka-blue:20190929220350j:plain

 

いつもは夫と分け分けして頂く。しかし、ある時、1杯まるまる食べたいねえということになり、2パック購入したことがある。が、1杯まるまるはやはり、ちょっと「多い」と思う。そんなこんなで、以来、我が家は1パックの購入に留めている。

 

■営業時間

9:00~18:00

 

■定休日

年中無休

 

■アクセス

住所︰〒669−5262 兵庫県朝来市和田山町市御堂19−2

TEL︰079−672−6767

天空の城と言われる竹田城跡」に結構近いことを書き添えておく。

 

道の駅 丹後王国「食のみやこ」での「道−1グランプリ」に行く

京都府京丹後市道の駅 丹後王国「食のみやこ」にて開催される「道−1グランプリ」。今年で4回目の開催かと思う。

f:id:fu-ka-blue:20190922011233j:plain

 

全国の道の駅から、17駅の看板グルメが一堂に会し、来場者の投票によりグランプリが決定するというイベントだ。

f:id:fu-ka-blue:20190922011254j:plain

 

我が家は過去2回参加している。ラジオで高知県の「苺氷り」が来ると知り、「今年も行きたい!」と思っていた。

しかし、初日の9月21日(土)は、生憎の雨模様。

「丹後王国」というところは、雨だと少々不便なのだ。まず、駐車場から結構遠い。そして、地面がジュルジュルになる。傘が不可欠だし、靴はジュルジュル対応可能なものにしなければならない。

 

食べ物を買ってウロウロするのに、傘をささないといけないなんて・・・

 

と思ったが、

雨だからこそ、人が少なく並ばずにすむのでは?

とプラスに捉えて、行くことにした。

子どもには長靴を履かせ、親もジュルジュル対応の靴を履く。

 

行ってみたら、例年では考えられないくらい人が少なかった。

まずは、一番近くの駐車場に並ばずに入れた。例年、入り口手前で、誘導の方より、他の駐車場を案内されるのが常だ。

会場のお客さんも少ない。どのお店もほとんど並ばずに買えた。

そして、お手洗いも混まない。

出店されている方々には大変申し訳ないが、何をとっても、我が家には、雨でラッキーだった。

 

会場入りしたのは、12時頃だが、丁度、雨足が弱まって、途中より、傘いらずとなった。懸念事項の地面のジュルジュルも、芝が植え直されており、いつもより格段に快適だった。

f:id:fu-ka-blue:20190922011340j:plain

 

さて、前置きが長くなった。

食べたものを順番にご紹介。ちなみに、我が家の予算は2000円だ。

 

■栃木県 道の駅 みぶの「栃木県のしもつかれ餃子」500円

「定番」を注文しかけたら、「ハーフハーフもできますよ」とのことで、「定番」と「揚げ餃子」のハーフハーフにした。タレは不要とのことだった。

具がいっぱい。ニラのお味がしっかり感じられた。ちょっと冷めてしまったのが残念だったがおいしかった。

f:id:fu-ka-blue:20190922011421j:plain

 

茨城県 道の駅 さかいの「常陸牛ローストビーフ丼」500円

こちらは、別添えで、温泉卵がついてくる。絡めて食べるともう絶品だ。タレもおいしい。もちろんローストビーフも当然おいしい。幸せ~♪

f:id:fu-ka-blue:20190922011456j:plain

 

■栃木県 道の駅 もてぎの「もてぎのゆず塩ラーメン」500円

過去の「道−1グランプリ」で、3大会連続グランプリに輝き、今年より殿堂入りとなった。今年こそは食べねばと店舗に向かう。

柚子の香り漂う最高のラーメンだった。毎年グランプリに輝くのも納得の一品だ。野菜もたくさん入っていてヘルシー。正直、そんなに柚子好きではない私も、おいしい以外の言葉はない。

f:id:fu-ka-blue:20190922011118j:plain

 

■宮崎県 道の駅 都城の「みやざきチキン南蛮スティック」500円

こちらは、ささみが春巻きの皮に巻かれて、揚げられている。いや~、おいしい。皮がパリっとしていて、適度な歯ごたえのささみがなんとも言えない。タレが2種類もついて、2回味を楽しめる。

f:id:fu-ka-blue:20190922011618j:plain

 

■その他のメニューについて

〈苺氷り〉

食べたいと思っていた「苺氷り」。こちらは、雨で肌寒く、結局食べなかった。暑ければ間違いなく買っていたと思う。超おいしいのだ。

 

〈石炭ソフトクリーム〉

こちらは、真っ黒なソフトクリームで、過去に食べたことがある。石炭の味は特に感じられず、普通にチョコレート味だったのを覚えている。「苺氷り」同様、気象上の問題により食べず。

 

〈上州もつ煮ぼと〉

こちらは、昨年頂いた。これは、あくまで私個人の好みの問題なのだが、臭みが気になり、今年はパスした。しかし、ラジオからの情報では、「ホッとする味」とのことで、人気があるようだ。

 

■子どもが気に入ったのは

やっぱりそうかという感じで、「ゆず塩ラーメン」と「みやざきチキン南蛮スティック」だった。

 

■「道−1グランプリ2019」 に参加して

他にも食べたいものはたくさんあった。が、我が家の財政事情により、4品で撤収。でも、4品でも大満足。よい1日となった。ありがとう!

 

金刀比羅神社 「第4回 こまねこまつり」に行く

9月8日(日)、京丹後市峰山町にある「金刀比羅神社」にて、

「第4回 こまねこまつり」

が行われた。

f:id:fu-ka-blue:20190914004754j:plain

 

 

かつて、機織り(丹後ちりめん)で栄えた京丹後市峰山町

蚕を、ネズミから守ってくれる猫をたいそう大事にしていたそうだ。

なので、「金刀比羅神社」には、「狛犬」ならぬ「狛猫」が鎮座している。

f:id:fu-ka-blue:20190914004535j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914004601j:plain

 

 

今回、地域おこしのために始まったイベントであるこまねこまつり」に、初めて行ってみた。

 

地域ぐるみのお祭りなので、金刀比羅神社以外の場所でも様々な催しが行われている。

しかし、お祭り当日は、あいにく、朝から予定がギュウギュウ詰めだった。それでも、電車好きの子どものために、峰山駅でのNゲージ運転体験」には行こうことになった。

鉄道おもちゃコーナーでは、「オリジナルこまねこ列車」も走っているとのことで、子どもはとても楽しみにしていた。

 

ちなみに、「こまねこまつり」は、10時~16時までの開催で、「Nゲージ運転体験」も16時までとなっていた。

我が家は、15時半過ぎに、何とかバタバタと峰山駅に滑り込んだ。

「楽しみだね~」と受付に向かう。

が・・・、大変残念なことに、16時を待たずして、「Nゲージ運転体験」は既に終了となっていた。

係の人に「もう片付けが始まっています」と言われる。

子どもの落胆ぶりたるや。本当にかわいそうだった。

 

仕方がないので、多少の埋め合わせにはなろうかと「金刀比羅神社」に行ってみる。

境内には、様々なお店が並んでいたが、こちらも、片付けはじめているお店がチラホラ見られた。

f:id:fu-ka-blue:20190914005129j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914004914j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914004936j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914004948j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914005046j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914005104j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914005528j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914005316j:plainf:id:fu-ka-blue:20190914005329j:plain

 



子どもは、結局、鯉のエサやりが、一番楽しかったようだ。

ちなみに、鯉のエサは、50円で販売されている。子どもというのは、本当に「エサやり」が好きな生き物だと思う。

f:id:fu-ka-blue:20190914005705j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190914005724j:plain

 

この「こまねこまつり」。行くなら、終了間際は、やめた方がよさそうだ。

 

「道の駅 京丹波 味夢の里」に立ち寄る

「道の駅 京丹波 味夢の里」は、京都縦貫自動車道PA併設の道の駅だ。
我が家は、トイレ休憩がてら、必ずと言っていいほど立ち寄る。

なかなか広い店内に、様々なお土産品が並ぶ。
スイーツに、海産物に、農産物に、お弁当、お惣菜、パン、お酒・・・。
本当にたくさんのものが売られている。
レストランはもちろん、ファストフードも色々とあって、ついつい食べたくなる。
広い敷地内には、ドッグランまであり、愛犬を連れての休憩にも最適だ。

 


■「味夢の里」で我が家が購入したもの

イカの串焼き(350円)>

f:id:fu-ka-blue:20190906221147j:plain

 

イカ下足天(350円)>

f:id:fu-ka-blue:20190906221232j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906222343j:plain

 

<肉じゃがコロッケ(250円)と大黒本しめじコロッケ(250円)>

f:id:fu-ka-blue:20190906222506j:plain

 

小腹を満たすのにちょうどよいものばかりだ。イカ下足天は毎回買っているように思う。コロッケは子どもに大人気で、ほとんど食べられてしまった。



店内の様子
以下、ひたすら写真。

f:id:fu-ka-blue:20190906223027j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223358j:plain

 

f:id:fu-ka-blue:20190906223052j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223125j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223139j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223154j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223321j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223338j:plain

f:id:fu-ka-blue:20190906223455j:plain


大抵のお土産品は入手することができそうだ。